6月から7月にかけてテレビドラマ「Dr.コトー診療所2004特別編」の再放送がありました。付き人は、2004年当時、現役バリバリでこき使われていた頃なので、ドラマを見る習慣など無く、今回、初めて視聴しました。

20200808_1

モチロン、アニメではなく吉岡・コトー、柴咲・彩佳版です。

20200808_2

今回は、診療所の看護師、星野彩佳さん役を熱演された柴咲コウさんについての話題です。

付き人は、正直言ってこの女優(歌手)さんに関しては、全く認識外でした。なんせドラマや歌番組を観ないので…。一見すると、梶芽衣子さん似ですね。

20200808_6_1
こんな看護師さんに「付き人さん おだいじにっ💗」などと言われると、病気なんていっぺんに治ってしまいそうです(^^)v ←あほらし!

ここからが本題です。

「柴咲コウ」…なんか特異なお名前ですね。ん?・・・どこかで見たよ~な・・・。

そうです!

2020年6月25日のPRESS Vol.356(小田さんのウデ組みほほ笑みマスク姿の表紙)の第3面「”一緒に作りました”~小田和正提供・コラボ曲-その3(2007~)」で2010年4月14日発売の小田さんが作詞作曲されたCDシングル曲「ホントだよ」の柴咲さんと小田さんのコメントが掲載されているのをチラッと見たのを思い出しました。←まだボケとらんな!

この記事自体は2010年3月25日のPRESS Vol.234の第2面から第4面にわたる音楽評論家の小貫信昭さんとの対談形式の特集記事『”「ホントだよ」って言っているのはワタシなんだよ”って、最後はそう思えた』から抜粋されたものです。

20200808_2_1
柴咲さん、満面の笑み・・・ごくフツーの小田さんのファンってカンジ・・・に対して、小田さんは緊張した面持(おももち)ですね(^^;) いつもと違い、小田さんの左手がご自身の背中の奥深くまで退避されているのがわかります。けっして触れてはいけないもの…?なぜなら・・・。詳細は後述します。

Vol.234が手元に無い方は是非、「お取り寄せ」を!

元々、柴咲さんはカラオケで「たしかなこと」を歌い涙する小田さんの大ファンだそうです。小田さんの横浜アリーナ公演の際、楽屋へ突入し「曲を書いてくださいっ!」とサラッと言いはったらしいですよ~(^_^;) その後、正式に手紙で「たしかなこと」みたいな曲をお願いします…って(^.^)

・・・で小田さんは「(柴咲さんは)シャイでヒネくれてなくて、朴訥(ぼくとつ)な感じも、ちょっと男っぽい感じも・・・そんなイメージだった・・・、そんな曲にしました。」

小田さんが作られた今までのうたの歌詞に出てくるよ~なイメージとは異なったタイプの女性なので、チョッと戸惑われたのでは?(付き人の妄想です。) そのキモチが上記の写真にも如実に表われて・・・(^_^;)

・・・で出来上がったのが・・・「ホントだよ」(バックコーラスは小田さん自ら歌われています。

20200808_3

「あなたを追いかけてずっと走ってゆく」(のところの歌詞)以外に関しては、まるで私の性格を掴(つか)んだ上で書いてくださった・・・。追いかけない柴咲さん・・・さすがですっ!

小田さん曰く・・・「(僕のコーラスは)出来るだけ彼女の声に隠れるように・・・」と言いながら、けっこう目立ってますよね~(^.^)

 

蛇足

この「ホントだよ」のCDシングルのイラストは・・・な、な、なんと、あの「安部ひとみ」さんの作品ですっ!

20200808_4
柴咲さんの左肩のあたりにピアノを弾かれている小田さんが描かれています。

ちなみに、PRESS Vol.234 の「QUIZ」間違い探しは・・・

20200808_5
これって、結構ムツカシイですっ!一つ目はすぐわかるんですが、あと2つが・・・(・_・;)

柴咲コウさん単独ライブバージョンはココをクリック

あの看護師の彩佳さんとは思えない変容ぶりですっ!←あのなぁ!

次回は、「Dr.コトー診療所の再放送で・・・その2」として「Dr.コトー診療所」のドラマについてニワカファンの付き人が掘り下げてみたいと思います。昭英大学附属病院産婦人科医  原沢 咲さんの話題も・・・(^^)v

Dr.コトーファンの皆さま、乞うご期待っ!←このブログって小田さんの話題を取り上げるんとちゃうのん?←えっ⁉