休日や、平日の夕食時、音楽を流しています。←夫婦の会話が無いため!?(~_~;)
以前なら、”小田さんのうた”ばかりかけていましたが、「鈴木さん」のライブに行って以降、”OFF COURSEのうた”を聴く回数が多くなりました。やはり完成形は、OFF COURSEです。小田さんが独りで歌っても、それは未完成の作品であって、鈴木さんが加わって初めて完成します。

別の要因として、「あの頃に戻りたい」願望が、ここ最近、強くなったんでしょうね。
30年前以上も前の歌を聴くことによって、その頃の「ワタシ」に戻れる…出来る事なら、もう一度人生をやり直したい…。
あの頃、付き合っていた彼の事を思い出して…今の亭主には悪いけど…。
天国の彼に逢いたい!…と人それぞれでしょうが…。
正直に言えば、今の小田さんの歌を聴くと、歌詞の内容からして、人生を語る老人の様な感じがして…。
それに比べ、OFF COURSEのうたを聴くと、純粋(ピュア)な、すがすがしい感じがして、実際、年老いた自分に、「さわやかなそよ風」が吹くって感じで、心が洗われ、若かりし頃に戻ります。
今のコンサートに参戦するのは、「OFF COURSEの名残り」を懐かしむ…そういう方も多いのではないでしょうか?

「クリスマスの約束の中止」「追加公演の発表待ち」のさなかに、こういった話題を取り上げるのも、どうかな?と思いましたが、忘れない内にお伝えしたくてアップしました。